<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-594VSB" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

富士スピードウェイ株式会社 レース販促課 寺澤様 事例インタビュー

2015.04.12

Facebook Google+ はてなブックマーク LINEで送る

毎年お台場で開催されるモーター・スポーツのイベント「モーター・スポーツ・ ジャパン・フェスティバル」。2015年で10週年を迎えたこのイベントは2日間で10万人を動員する国内でも有数のモータースポーツイベントです。

“一般にモーター・スポーツの面白さを知って欲しい”というコンセプトから、自動車メーカー、サーキット、など国内各所から出展し、特設コースでは活躍したレーシングマシンがデモ走行を行うなど、これまでにないイベントとなっています。

本イベントに出展されている富士スピードウェイ株式会社様のブースでは、サーキットのキャラクター「チェカレンジャー」のデザインのまいガム「チェカガム」を作成、来場者の方々にノベルティとして配布されました。

今回のインタビューでは富士スピードウェイ株式会社 レース販促課 寺澤 悟さんに、「まいガムをノベルティに選んだきっかけ」「受け取ったお客様の反応」などについて、イベント2日目に会場にお邪魔し伺いました。

お客様の目を引き、さらに当社をアピールできるものとはなんだろう?

─ 「まいガム工房」を知ったきっかけについて教えて下さい。

寺澤さん : 本イベントに向けて販促活動をすることになり、そこでお客様の「注目」「目を引く」、なおかつ「予算」が限られている中で両者のバランス的にいいものはないかと探していました。

ラムネやアメ、ステッカーを過去に作った事例があったのですが、また同じものでは面白みがない。これまでとは違いもっと人目を引き、さらに当社をアピールできるものはないか、「富士スピードウェイ」のデザインを取り込めるものはないかと探していました。

webでいろんなノベルティを調べていたら「まいガム工房」にたどりつきまして。単価とロット、デザインの自由度(5000個から全面印刷ができる)から販促アイテムとしてマッチしたため制作させて頂ました。

ガムには賞味期限の表示義務がいらないほど長持ちすることも魅力

─ ガムは賞味期限の表示義務がいらないほど長持ちするのですが、それも考慮されていますね。

寺澤さん : はい!配り切れなくても、次のイベントでも使えるということを考慮しました。
一年間とおしてイベントがありますが、新しいイベントが企画されることもあります。

だから、急に販促活動に行くことになったときに、配るものがない、アピールできるものがないとなると急遽作らなきゃいけない。そうすると、賞味期限が短いものや、配りきれず余ってしまったら…結局捨ててしまうことになります。

企画の段階で賞味期限なども考慮したうえで、様々なサイトを全部調べまして、たどりついたまいガムさんのサイトで賞味期限の印字が必要ないほど長期保存ができると知り、長期に渡って安心して配ることができるものだと解かりました。

お客様に安心していただくためにマルカワガムのオフィシャルデザインを採用

─ マルカワガムのオフィシャルデザインを背景に採用していますね。

寺澤さん : お客様の口にはいるものなで、信頼のおける食品でなければなりません。
国際サーキットという大きな場であり、運営母体のトヨタさんもその辺りを厳重にしているため、どこで作っているか分からないものは使えません。そこでオフィシャルデザインを背景に用い、信頼のおける食品であることを明確にし、お客様にもひと目で伝わるようにしました。

「まいガムフルデザイン用テンプレート」をベースに使用して、ご入稿いただいたデザインデータ。
マルカワオフィシャルデザイン(グレープ)の絵柄を、背景にしている。
フタ、側面には富士スピードウェイのサーキット写真を、裏面には公式サイトへリンクするQRコードが印刷されている。

QRコードでイベント情報やサーキットの魅力をもっと知っていただく

─ ガムを受け取ったお客様には、どうのように感じてい頂きたいですか?

寺澤さん : 本イベントは東京、横浜圏で行われますが国内主要サーキットが集まることから、遠方からでもお越しになるお客様がいます。ただ、富士スピードウェイは都心から離れており、足を運びにくいイメージがあります。

ですので、スーパーGTなどのレース、イベントスケージュール、富士スピードウェイの魅力を伝える公式サイトのQRコードを入れ、遠方の方にも「こんな楽しいイベントがあるんだ!」と興味を持って頂きたいという思いがあります。

「これ知ってる」ってすごい笑顔! 老若男女どんな世代でも知ってるからうれしい

─ 1日目のイベントを終えて、お客様の反応はいかがですか?

寺澤さん : 気軽に受け取っていただけました。チラシと一緒にチェカガムを配ってるんですけど、お渡しした時のお客様、すごい笑顔なんですよ。「コレ知ってる!」って反応がイイ。

お子さんも親御さんもマルカワガムを知ってるんですよ。やっぱり、長い歴史があるので、家族間でも話題になるんですよね。初めて食べた子は「美味しい!」と言ってくれる。「丁度ガムが食べたかった!」という子もいて、老若男女どんな世代でも知ってるからうれしい。

デザインの通りに仕上がっていて、本当にまいガム工房さんに頼んで良かった!

─ できあがったまいガムの仕上がりについて、いかがでしたか?

寺澤さん : デザインの通りに仕上がっています!文字も読めて鮮明に印刷されていますし、QRコードもしっかり読み取れます。

これがよく知らない業者さんでは文字やイラストがボヤケていたり、QRが読み取れないということがたまにあるんですね。信頼できるまいガム工房さんは、文字・QRコード、キャラクターの目や顔も鮮明に印刷されているので、本当にまいガム工房さんに頼んで良かったなと思います!

役員にも好評で嬉しい!会社間のPRに使うことができています

寺澤さん : 仕上がりに関して社内でも好評ですし、当社の役員も気に入ってどんどん持って行ってしまうんですよ!まだ配ってないのに(笑)

商談や出張にも持って行ったりしています。「今年はこんな販促アイテムを作りましたよ」とアピールできて、そこからまた、新しいイベント・企画がもちあがるきっかけになるかもしれないので、そういった面でも非常に助かっています!

─ 工房スタッフとして、とても勉強になるお話を聞くことができました。イベント当日でご多忙の中、ありがとうございました!

取材日:2015年4月12日
東京都江東区青海特設会場「モータースポーツジャパン2015 フェスティバル イン お台場」会場
「富士スピードウェイ ブース」にて